アーユルヴェーダとは、古代サンスクリット語で「生命の科学」という意味です。

5000年以上前から伝わる高度に発達した古代インドの自然医学、あるいは予防医学です。

宇宙のバランスと体内バランスの調和を重視し、毎日の食事が身体のバランスを調整する薬であるという、医食同源に関する緻密な知識体系を有していると考えられています。

よって、古代アーユルヴェーダでは、あらゆる不調や病は体内の緻密な自然バランスが失われた結果であると考えられていました。

また、アーユルヴェーダは、世界中の医学やエステのルーツです。

中国漢方や経路マッサージ・鍼だけでなく古代ギリシャで西洋医学の祖ヒポクラテスに、そしてアロマテラピーやフィトセラピーに、タイでも伝統医学や古代マッサージに影響を与えています。

日本にもお釈迦様の医学として仏教とともに伝来しました。

しかし、日本だけでなく本家のインドでさえも長い時を経て本当の価値を忘れ去られていました。

この古代アーユルヴェーダを復活させたのが、シュリ・ゴヴィンドプラサッド・ヴァイディヤ博士です。

インド独立後に、博士は7つのアーユルヴェーダー医科大学と20の病院を設立し、アーユルヴェーダーの価値を世界に知らしめました。